今日のふた言

話題の行事や暮らしに役立つ豆知識を紹介するブログです。

ポットを効果的に洗浄する方法とは?クエン酸やお酢、重曹何がオススメ?

   

ポット


ポットの水を足そうとフタを開けると白いものが浮遊していることがあるかと思います。

「なにこれ!カビ!?」と思われた方も多いかと思いますが、実はこの白い浮遊物の正体は水に含まれるミネラルなどの不純物によるものです。

そのため、食べても害はありませんが、ポットの中に入れっぱなしにしてしまうと、つまりや故障の原因となりますので、キレイに取り去ってあげる必要があります。


ですが、浮遊している物体はポットの中身を捨ててしまえば取り除くことは可能ですが、内部にビッチリこびりついているものを取り除くにはちょっぴりコツがいります。

そこで、今回はポットを効果的に洗浄する方法で最もお勧めなのは何かをご紹介したいと思います!


スポンサーリンク


ポットを効果的に洗浄する方法「クエン酸」

粉
電気ポット各社からオススメされている掃除方法といえば「クエン酸」を使った洗浄方法です。クエン酸には、水垢や石鹸かすなどをキレイサッパリ落とす効果があるため、お掃除のプロも使用しているそうです。

では、クエン酸を使った洗浄方法をご説明します。


ポット洗浄方法「クエン酸編」

ポットに水を満タンラインまで注ぎ、クエン酸を大さじ1杯加えます。

ポットのスイッチを押し、水を沸かしたら、2時間から3時間ほど保温状態にします。

保温しておいたお湯を捨て、ポットの中を柔らかいスポンジで優しくこすり、水をたっぷり注いで中の汚れを取り除きます。

ポットの中をしっかり乾燥させたら完了です。


クエン酸洗浄モードを搭載している場合、クエン酸30gをぬるま湯で溶かしておき、ポットの中に水とクエン酸を溶かしたお湯を入れたら、クエン酸洗浄モードをポチッと押します。洗浄後、お湯を捨てて、再び水を注いで沸かします。

注ぎ口からコップ1杯分のお湯を出したら、蓋を開けて中のお湯を捨てて完了です。


スポンサーリンク


ポットを効果的に洗浄する方法「重曹」

酢
お掃除の定番「重曹」を活用したポットの洗浄方法ですが、実は重曹だけではポットの中に付着した汚れを取り除くことはできません。そこで、重曹を使用する際は必ずお酢を使います。

では、重曹を使った洗浄方法をご紹介します。


ポット洗浄方法「重曹+お酢編」

ポットに重曹大さじ2杯とお酢大さじ2杯を入れて、満タンラインまで水を注ぎます。

ポットの湯沸かしスイッチを押して、沸くまで待ちます。

沸騰したら、そのまま1時間ほど保温状態をキープします。

1度湯飲みにお湯を注ぎ、蓋を開けて中のお湯を捨てます。

もう1度満タンラインまで水を注ぎ、沸騰させた後、湯飲みにお湯を出して、ポットのお湯を捨てたら完了です。


アルカリ性の重曹と酸性のお酢を使ったお掃除方法でした。


ポットを効果的に洗浄する方法「レモン」

レモン
クエン酸や重曹+お酢は定番のポット洗浄方法ですが、なんと「レモン」を使ってポットを洗浄することも可能だということをご存知でしたか?レモンにはクエン酸が含まれておりますので、クエン酸が切れてしまった際の代用として活用される方が多いようです。

では、レモンを使ったポットの洗浄方法をご紹介します。


ポットを効果的に洗浄する方法「レモン編」

レモンを1個から2個ほど絞り、レモン果汁を作ります。
※レモン果汁が既にご自宅にある場合はこの工程は無視して構いません。

レモン果汁をポットへ入れて、水を注いで満タンにします。

ポットのスイッチを押して、お湯を沸かします。

沸騰後、1時間ほど保温状態にします。

ポットのお湯を捨て、再び水を注いで沸かします。

沸いたら、もう1度ポットのお湯を捨てて完了です。


まとめ

今回はポットの洗浄方法をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

クエン酸がオススメされる理由は、ポットの汚れがアルカリ性だからです。


アルカリ性は酸性と混ざり合うことで、中和され溶けます。そのため、重曹を使ってポットを洗浄するのはあまり効果が無いため、お酢を加えて、ポット内部の汚れを溶かしてやるのが基本となります。

また、クエン酸は食品添加物ですので、安心して使用出来るのも魅力の1つとなっています。気になる方はクエン酸やレモンでポットの洗浄を行うのがオススメです。


スポンサーリンク