今日のふた言

話題の行事や暮らしに役立つ豆知識を紹介するブログです。

父の日にプレゼントしたら喜ばれる子ども向けの簡単手作り工作とは!?

      2016/03/05

6月


毎年6月の第3日曜日は父の日ですが、母の日に比べると認知度が低いため、ご存知無い方も多いのではないでしょうか。

父の日は、1916年にアメリカ第28代大統領ウッドロー・ウィルソン氏が演説を行ったことで広まり、1966年にアメリカ第36代大統領リンドン・ジョンソン氏が父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日に制定され、正式な国の記念日とされたのです。

日本で父の日が制定されたのは1950年頃だそうですが、当時はあまり一般的な行事でなく、一部の方々の間で行われていたイベントだったそうです。しかし、1980年代になると、デパートなどが販売戦略の1つとして父の日を大きく取り扱ったことから日本各地で父の日の知名度が上がり、現在に至ります。


さて、そんな父の日ですが、皆さんは父の日に何か贈り物をする予定はありますか?

実は世の中のお父さんたちは、品物よりも家族で食事をしたり、旅行やお酒を飲んだり、子どもたちとコミュニケーションを取りたいと思っています。

中高生や社会人の方ならば、手作り料理でもてなしたり、ドライブやショッピングを楽しむことができますが、幼稚園児や保育園児の子どもたちの場合、料理をさせたり、一緒に買い物やドライブを楽しむことは、とっても危険なので、なかなかできません。

そこで、今回は幼稚園児や保育園児の子どもたちにオススメの心がこもった手作り父の日工作プレゼントをご紹介したいと思います!


スポンサーリンク


開くと飛び出すキュートなポップアップカード!

父親
父の日のプレゼントに悩んでいるお母さんにオススメなのが、開くと飛び出す魔法の絵本のようなポップアップカードです。

材料は全て100円ショップで購入することができますので、ハサミやカッターを使う作業は全てお母さんが行い、デコレーションや文字を書く作業は全て子どもたちに任せちゃいましょう!


【花束のポップアップカード】

材料
・カラーの厚紙
・のり
・はさみ
・セロテープ
・カラーペン

作り方
①厚紙を作りたいサイズにカットして半分に折ります。

②カードの2/3の高さの正三角形をカットします。

③三角形を半分に折り、折り目を付けます。

④厚紙で色とりどりの花を作ります。

⑤花束の上になる三角形の辺に花をのり付けしてゆきます。

⑥二つ折りにしたカードの内側中心から左右対称に正三角形の山折りを外側にし、花束を開きたい位置にセッティングしたら花束を貼りつける場所に目印を付けます。

⑦カードの花束を貼る位置の内側部分に厚紙で作った色とりどりの花をたくさん散りばめ、最後に花束の内側をセロテープで留めて固定すれば完成です。


空いたスペースに子どもたちからのメッセージを書いてお父さんにプレゼントしましょう!


幸せな家族の写真を入れた手作りフォトスタンド!

スピーチ
毎日忙しくてなかなか遊ぶ機会がないお父さんへの父の日プレゼントは、幸せな家族の写真を入れた手作りフォトフレームがオススメです!

「フォトフレームは難しいでしょ!」と思われる方も多いかもしれませんが、今回ご紹介する手作りフォトフレームは幼いお子様でも簡単に作れちゃうのでご安心ください。


【手作りフォトフレーム】

材料
・100円ショップで販売されている写真立て
・子どもが好きなデザインのシールやマスキングテープなど
・貝殻やビーズなど
・ボンドやグルーガンなど


作り方
①100円ショップで購入した写真立てに自由にシールやマスキングテープを貼ってゆきます。

②貝殻やビーズなどをデコレーションする際は、子どもがどこに貝殻やビーズを飾りたいのかを訊ね、お母さんがボンドやグルーガンなどを使って設置してゆきます。

③幸せな家族写真を入れたら完成です!


写真がたくさんある場合はコルクボードを購入することをオススメします。

また、コルクボードならば、メッセージカードや子どもの成長記録などを写真と共に飾れますので、なかなか子どもとコミュニケーションをとる機会の無いお父さんにプレゼントすると、「もうこんなに大きくなったか!」「○○は、こういうキャラクターが好きなんだな」など普段気付かないことを発見できるので、嬉しいと思いますよ♪


スポンサーリンク


お父さんの似顔絵を描いた手作りマグカップ!

親子
メッセージカードやフォトスタンドもオススメですが、毎日必ず使うマグカップを贈るのはいかがでしょうか♪

マグカップといっても、今回ご紹介するマグカップはお店に売っているものではなく、世界にたった1つだけのお父さんの似顔絵が描かれた子どもオリジナルの手作りマグカップになります。

「トートバッグやTシャツじゃなくて?」と思われるお母さんも多いかと思いますが、最近「絵が描けるマグカップ マーカーマグ(大)」という手作りマグカップキットも販売されておりますので、誰でも気軽にオリジナルマグカップを作ることができます。


作り方はとっても簡単で、セットになっている黒・赤・水色・ピンク・黄・緑の専用の6色ペンを使ってマグカップに絵を描きます。そして、沸かしたお湯をマグカップに注ぎ、しばらくしたらマグカップを洗って水分を拭き取れば完成です!

お父さんの似顔絵やメッセージを子どもに描いてもらい、残りの工程はお母さんがパパッと行ってあげれば、素敵なプレゼントの完成です。ラッピングは100円ショップで売っているオシャレなデザインのものを子どもと選んでキレイに包んでお父さんの帰宅を待ちましょう。

きっと世界にたった1つしかないマグカップをプレゼントされたお父さんは、一生の宝物として大切に使ってくれることでしょう。


まとめ

今回は父の日にプレゼントしたら喜ばれる子ども向けの手作り工作方法をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

他にも夏に大活躍のうちわを手作りするキットやデコレーションタンブラーキットなどもオススメです。

お父さんへの贈り物に悩んでいるお母さん方、是非この機会に子どもたちと一緒にプレゼントを手作りし、お父さんの大好物の料理でもてなして最高の父の日をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク