今日のふた言

話題の行事や暮らしに役立つ豆知識を紹介するブログです。

名刺の出し方と受け取り方のポイントと海外での注意点

   

名刺


名刺交換をする際のマナーについて「名刺の受け取り方と渡し方のマナーと交換する順番」という記事で紹介しました。

やはり、ビジネスマナーは社会のコミュニケーション潤滑油としての役割を担っているため、しっかり頭に叩き込んでおきましょう。


そして今回は、出し方や受け方などのポイントを紹介したいと思います。また、海外で活動される予定の方もいるかと思いますので、そちらも合せて紹介させていただきます。


スポンサーリンク


名刺交換のポイント!

名刺交換
名刺交換の交換は、名刺を受け渡ししやすい位置で起立した状態で行います。

絶対に座って交換しないでください。


訪問先の受付の方に応接室へ通され、着席して待っていた場合でも、担当者の方々の姿が見えたら起立し、出迎えます。そして、挨拶を交わした後に相手の方々と間合いを計りながら、名刺交換しやすい位置へ移動します。

よくテーブル越しに名刺の受け渡しを行う光景をドラマなどで見かけるかと思いますが、これはビジネスマナーに違反しておりますので、テーブルを回り込むなどして相手の方へ名刺を渡すようにしましょう。


名刺交換の正しい位置へ移動したら名刺入れをサッと取り出し、胸の高さで固定して持ちます。複数の方々と名刺を交換する際は、事前に自身の名刺を人数分名刺入れから取り出し、名刺入れの下側やフタの上に添えておきましょう。


●名刺の差し出し方

名刺を差し出す際、目下の方から先に「○○社の□□と申します。」と自身の勤め先と氏名を名乗り、軽く頭を下げて敬礼し、名刺交換を行います。

名刺を差し出す際は、必ず胸の高さで持ち、両手で手渡します。その際、名刺に記載されている文字が先方からみて正面になるように渡すのが常識です。


●名刺の受け取り方

名刺を渡した後は相手の方の名刺を受け取ります。受け取るときは必ず「頂戴致します。」と一言述べてから両手で受け取るのが基本です。

また、このとき先方の社名やロゴ、氏名など名刺の表に表記されている部分に指がかからないように注意してください。

受け取った後は胸の高さよりも下に降ろさないのもビジネスマナーの基本です。


名刺を受け取った後のポイント!

先方の名刺を受け取った際、社名や役職、氏名を1度確認するかと思いますが、このとき自身の胸よりも高い位置で見るように心掛けましょう。そして、「○○様ですね。」と名刺を交換した方の相手の名前を名刺を見ながら復唱し、しかり記憶に刻み付けましょう。

詠み方が分からない、名前を聞きとることが出来なかった場合はこのタイミングで確認しておくのがポイントです。

受け取った後、すぐにテーブルの上に置いたり、しまったりするのは非常識ですので、少し、名刺を見た後にしまうなどしましょう。また、必要以上に頂いた名刺を触るのもマナー違反ですのでご注意ください。


スポンサーリンク


海外での名刺交換について

名刺
海外で活躍したいと思っているフレッシュマンも多いかと思います。

ですが、今回ご紹介した名刺交換は日本国内でのマナーとなりますので、海外では通用しません。

海外の方と名刺交換する際は、以下のことに注意してください。


・名刺をいきなり差し出さないこと。
・名刺をぞんざいに扱われることがあるが、決して驚かないこと。
・名刺を交換した際、必ず相手の方の名前の発音やアクセントを聞くこと。



海外では、日本とは異なり名刺を交換する前に握手を交わすのが常識です。

ですので、にっこりとほほ笑みながら相手の方の目を見て握手をしましょう。また、握手ですが、がっちり握り合うのがマナーですので、そっと優しく握るのではなく、やや強めにギュッと握りましょう。ただし、女性の場合は女性の方から手を差し出すまでこちらから手を出さないようにし、握手をする際は軽く握りましょう。


まとめ

今回は名刺交換の受け渡しについてご紹介させて頂きました。

名刺交換には他にも名刺を同時に交換する際の方法や名刺を切らしてしまった際の対処法、頂いた名刺をテーブルの上に並べる方法、しまい方など名刺だけでごまんとマナーがございます。


これからビジネスマンとして活躍されるフレッシュマンの方々は、研修期間中に先輩の言動などをしっかり確認し、身に着けてゆくようにしましょう。


スポンサーリンク