今日のふた言

話題の行事や暮らしに役立つ豆知識を紹介するブログです。

豊橋祇園祭2016年の日程と花火の時間について

   

豊橋祇園祭

出典:http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/detail.aspx?SozaiNo=230005

豊橋祇園祭とは、450年も歴史がある手筒花火発祥の地のお祭りです。

愛知県の豊橋市関谷町の吉田神社で毎年7月に行われるのです。迫力のある花火がたくさん打ち上げられ、夏を思いっきり味わう事ができます。

まず、いったい手筒花火とはなんなのでしょうか?

竹筒に火薬を詰め、なんと人がそれを抱きかかえて行う吹上式の花火の事です。このお祭りでは手筒花火が、約300本も奉納されるのです。想像しただけで、とても大変な危険な作業と感じます。

そんな熱い心がこもった手筒花火-。想像を遥かに超える、迫力満点の花火が今から楽しみです。


そして豊川河畔で行われる打ち上げ花火も見どころいっぱいです!色々な種類もの花火がなんと、約1万2000発も打ち上げられます。言葉を失ってしまうほどの、美しさですよ!


スポンサーリンク


豊橋祇園祭の日程と時間

豊橋祇園祭 手筒花火

出典:http://www.don-neko.com/kuruma/aiti/toyohasigion/tedutu.shtml

そんな豊橋祇園祭の2016年の日程はこちらです。

7月15日(金)~17日(日)の3日間で、様々な種類もの花火があげられ、まさに花火尽くしのお祭りです。

3日間の予定としては、前々日金曜日は手筒花火、前日は打ち上げ花火そして本祭では神輿渡御が行われます。

どれも、是非見たいものです!


次に、細かな時間もチエックしましょう。15日ですが、16:00~大筒練込みが始まり、18:30~手筒・大筒・乱玉と吉田神社の境内で行われます。

16日の打ち上げ花火は、18:00~スタートです。昼の部と夜の部に分かれていて、本格的には夜の部19時頃から予定されています。


河川敷はたくさんの人でごった返しますが、ちょっと離れたスポットもお勧めです。豊橋公園やもう少し遠いですが、アピタ向山店も穴場ポイントとして、花火を楽しめます。

また、有料の桟敷席も4,000円で購入できる予定です。数量限定で、6月ごろより販売予定ですので、こちらも合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

そして本祭は17日です!!神輿が行われますが、こちらも夕方から始まります。17:00頃に吉田境内を出発予定です。頼朝行列や饅頭配りも行われます。


どれも、夕方頃始まりますが、この3日間大変混雑します。余裕を持って、早めに行く必要がありますので、公共の交通機関を利用しましょう。


スポンサーリンク


吉田神社へのアクセス方法

豊橋祇園祭 吉田神社

出典:http://www.don-neko.com/kuruma/aiti/toyohasigion/tedutu.shtml

吉田神社へのアクセス方法ですが、名鉄名古屋本線・JR東海道本線豊橋駅より、市内電車をご利用下さい。市役所前を下車して、徒歩5分です。

愛知県豊橋市関屋町2


なお、神社での場所取りは禁止されていますので、注意しましょう。


夏の風物詩である花火大会、どこに行くか迷っていましたら、是非豊橋の花火大会にも行ってみましょう!


スポンサーリンク