今日のふた言

話題の行事や暮らしに役立つ豆知識を紹介するブログです。

ハエの駆除方法とペットボトルとめんつゆを使った手作りアイテムの活用術

      2016/04/04

ハエ


気温が上がり、温かい日が続くと、どこからともなくブ~ンとやってくるハエは、キッチンやトイレ、ゴミ箱など場所を選ばず、O-157などの病原菌や皮膚及び目の疾患を引き起こす病原体を運んでくる厄介な生き物です。

ハエは、体重1g以下ととても軽く、非常に俊敏で4時間近く無補給で飛び回ることができるスタミナ、恐ろしいほどの反射神経を有しているため、とても高スペックな生物としても有名です。


さて、そんなハエですが、日本国内では主に5月から6月の初夏の時期と9月から10月の初秋の時期に発生ピークを迎えると言われており、種類によって好き嫌いが異なるので駆除するのがとても難しく、屋内性のイエバエなどはシーズンを過ぎた冬でも生存することができるため、1年中ハエの被害で苦しんでいる方々も大勢いらっしゃいます。


そこで、今回はエリート害虫と呼ばれるハエの画期的な駆除方法&誰でも簡単に作れるペットボトルの手作りアイテムをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


ハエの画期的な駆除方法とは!?

ハエ取り
日本国内には、300種ほどのハエが存在すると言われています。そのなかでも室内性のイエバエやクロバエ、ニクバエ類による病原菌や病原体の媒介が問題視されており、画期的な駆除方法は無いかと研究が行われています。

室内性のハエは、排泄物やゴミに集る習性があるため、気分を害する方もいらっしゃいます。

また、屋内に侵入したハエたちは食べ物を見つけると、そこに卵を産み付けることもあるため、室内に入り込んだハエは速やかに駆除する必要があります。


しかし、ハエはとても素早く、反射神経も優れているため、なかなか駆除することができません。そこで、ハエの天敵である「ガイマイゴミムシダマシ」という黒光りしているカナブンのような昆虫の力を借りたいのですが、この昆虫はアフリカ産であり、穀物を食い荒らす害虫なので、効率良く駆除することができません。


そこで、ハエが好む環境を改善することが重要となります。

ハエは明るくて水のある場所を好む習性があります。そして、人間が生活している空間が大好きで、特にキッチンやトイレ、リビングなどに集まる習性があります。

また、銀バエは動物の死体を好むため、屋根裏や軒下にネズミなどの小動物の死体がある場合、室内に発生することがあります。


ハエが好む環境を知ることで、彼らに対しトラップを仕掛けることも可能となります。

例えば、水場のある場所では「排水口コバエ退治」という駆除アイテムを使用したり、照明の近くにハエ取り紙をぶら下げると面白いほど捕まえることができるので、是非試してみてください。


スポンサーリンク


ペットボトルで簡単にハエ駆除アイテムを作る方法とは!

ミネラルウォーター
窓を開けたら、室内にハエが入ってきて駆除しようにも、なかなか捕まえられないという方も大勢いらっしゃるかと思います。

そこで、誰でも簡単にハエを捕まえることができるペットボトルを使った駆除アイテムの作り方を幾つかご紹介したいと思います。


『ペットボトルの駆除アイテム作り方 その1』

材料
・砂糖:100g
・日本酒:70cc
・お酢:50cc

①材料を全て混ぜ合わせます。

②1.5リットルから2リットルサイズのペットボトルを用意し、縦1cm×横5cmほどの穴を開けます。

③①を②に注ぎ、蓋を閉めてベランダなどにぶら下げれば完成です。

ある程度の硬さを持つペットボトルで作るのがオススメですが、もしもミネラルウォーターなどの柔らかいペットボトルしかない場合は切れ目を入れてしまうと割れる可能性がありますので、先にガムテープを貼ってから切るようにしましょう。

日本酒が無いという方は以下の材料を用いて作ることが可能です。

●水+食器用洗剤をペットボトルへ入れてきゅうりの塩漬けをエサにおびき寄せる方法。
●バナナなどのフルーツもしくはフルーツジュース+ビールなどのアルコール飲料+食器用洗剤を使った駆除方法。

※洗濯用洗剤は防腐用ですので必ず用意しましょう。


ペットボトルに入り込んだハエの死骸を見るのが嫌だという場合は、溶液が入っている部分に紙を貼り付けておくと後片付けしやすくなります。


『ペットボトルの駆除アイテム作り方 その2』

材料
・めんつゆ
・水
・台所用洗剤

①ペットボトルもしくはコップを用意します。
②めんつゆ1:水5:キッチン用洗剤数滴の割合で溶液を作ります。
③ペットボトルなどに②を注ぎ、ハエが集っている場所に設置して、1時間ほど放置します。
④あとは回収して捨ててしまえば駆除完了です。


ハエは発酵物や甘い匂いに誘われて外からやってきます。しかし、ハエの最大の弱点は羽ですので、これらの溶液に羽根が触れてしまうと飛ぶことができなくなり、アルコールが足に付くことで、ツルツルしたペットボトルを上がることができず、その場で息絶えてしまうというトラップです。

ですので、穴を開ける際はペットボトルの上部に設置するのがポイントです。


まとめ

今回はハエの駆除方法とペットボトルを使った駆除アイテムの作り方をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。


ハエの駆除方法ですが、先も申し上げたとおり、ハエの種類によって好みが異なるため、必ず駆除ができると言うわけではありません。ハエの好みを理解し、適切なトラップを作ることが大切ですので、めげずに試行錯誤を繰り返し、ハエの駆除に努めるようにしましょう。



スポンサーリンク